当協会について - 会長挨拶

ごあいさつ

本協会は、昭和58年10月28日に、高度化する近代設備に対応する技術・技能の研鑽と経営体質の強化を図り、併せて行政の適正強力な指導により社会貢献することを眼目として設立いたしました。

いま東日本大震災、原発事故による多くの課題が残っている中で、安全・安心に暮らせる環境をつくるため、安全衛生意識の高揚と地域防災活動に関する取り組みを強化し、総合的な防災力の向上する地域づくりに貢献してまいりたいと考えております。

また、近年における地球温暖化対策の中で、我々建設産業全体の大きな目標である地球環境保全のため、リニューアル・省エネルギーの推進及び再生可能エネルギー導入等に積極的に取り組み、低炭素社会の実現に努めてまいります。

我々の空調衛生工事業がその独自性を確立し、社会にとってなくてはならない存在であり、社会への貢献と役割を果たしていくためにも、今後も引き続き、技術革新への対応、技術研鑽に努め、品質確保を図って、顧客に良質で満足のいく設備の供給に努めてまいります。

会長 松原 兼一

ページトップ